読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モジョ競馬

戦慄!! 公開重賞ガチ勝負!

中山記念(GII)

中山競馬場 1800m(芝)
別定 4歳以上オープン

 

<ポイント>

・過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、「前年以降のJRA重賞」で連対経験のある馬。それ以外は2011年以降の過去6年で0・0・0・28

・前走の着順別成績を調べると、「1着」だった馬が3着内率39.1%

・前走の着順が「2着以下」だった馬のうち、“JRAのGIで5着以内”に入った経験がない馬は3着内率10.9%とやや苦戦

・過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走が国内のレースで、そのレースでの単勝人気が「6番人気以内」一方、「7番人気以下」だった馬は3着内率5.9%と苦戦

・過去10年の3着以内馬30頭中24頭は、前走の出走頭数が「16頭以上」

・過去6年の3着以内馬18頭中17頭は、前走との間隔が「中6週以上」一方、前走との間隔が「中5週以内」だった馬の3着内率は4.8% 0-1-0-20

・人気薄なら父ND系の持久力型。前走1800m以下の重賞。

・内枠有利。1~4枠の4番人気以内は過去5年で全て馬券に。

・非根幹距離なので過去5年で15頭中12頭は1800m重賞で連対経験。逆にこの経験がない人気馬は危険

・馬券になるのは中9週以上の休み明けか叩き4戦目以上。

・1番人気は1,0,0、4

・逃げ先行有利。差しでも4角5番手以内が理想。

・本コースではステゴとメイショウサムソンが得注。

本コースではルメールと福永が特注。

 

<印>

◎ アンビシャス

◯ リアルスティール

▲ ヌーヴォレコルト

△ ロゴタイプ

☆ ネオリアリズム 

消 ヴィブロス

 

<買い目>

 ◎〇の馬連と印へ3連単

 

<結果>

 

 

<収支>

 

 

<感想>

 

アーリントンカップ(GIII)

阪神競馬場 1600m(芝・外)
別定 3歳オープン

 

<ポイント>

・前走GI 0-2-1-9で勝馬なし。GII・GIII 4-3-5-17、OP 2-2-0-15、500万下 4-3-3-40 、新馬・未勝利 0-0-1-13

・初勝利時、二着馬とタイム差なし 0-0-0-19 

・優勝馬10頭中8頭は初勝利を挙げたレースで2着馬に「0秒3~0秒5」・「0秒6以上」の着差

・前々走より前走の距離が長い 0-1-3-38、キャリア1戦のみ 0-0-1-4

・ただし、近年はスタミナ血統。サンデー、ロベルト、ND系

・近年は先行より差し。近2走で上がり2位以内。

・近年は前走マイル以上のOPか重賞1桁着順◎

・外枠有利。勝馬は4<6<8枠のみ。

・休み明けより叩き4戦目以上が◎。

・ミルコ◎。松田〇。

・10番人気以下全滅。

 

<印>

◎ ペルシアンナイト ミルコ。6枠。ハービンジャー×サンデー。上がり堅実。初勝利時-0.5差

◯ ディバインコード 1400実績あり。先行脚質。父マツリダゴッホアルマワイオリと同じ

▲ レッドアンシェル マンカフェ×ストームキャット。初勝利時-0.7差

△ ヴゼットジョリー ローエングリン×サンデー

△ ミラアイトーン ロベルト

△ ナンヨーマーズ ハーツ×フレンチ。上がり堅実

☆ キョウヘイ

 

<買い目>

◎から馬連馬単

 

<結果>

 

 

<収支>

 

 

<感想>

 

京都記念(GII)

京都競馬場 2200m(芝・外) 別定 4歳以上オープン

 

<ポイント>

・前走で「GI」に出走していた馬が3着内率で50%。「GIII」組が連対率で20.0%

・該当馬が最も多い「GII」組が優勝ゼロ、2着1頭と不振傾向

・過去3走以内のGI・GII への出走回数「1回」組と「0回」組は3着内率8%未満

・過去3走以内における重賞での最高着順別は連対馬20頭中19頭が4着以内

・過去5年の優勝馬5頭は、過去3走以内に同じ距離のレースに2回以上出走かつ、過去3走が全て芝2000m以上

・ここ4年はジャスタウェイジェンティルドンナハープスターレーヴミストラルが5着以下に敗れている。それらの共通項はすべて前走よりも体を増やしていること。圧倒的人気になりそうなマカヒキの馬体重は注目だ。

 

<印>

◎ ヤマカツライデン 2週前の坂路追いで4F49秒4 今週のコース追いでも6Fの自己ベスト

◯ ミッキーロケット

▲ スマートレイアー

△1 マカヒキ

△2 サトノクラウン

 

<買い目>

◎〇▲の馬単BOX

 

<結果>

 

 

<収支>

 

 

<感想>

 

共同通信杯(GIII)

 東京競馬場 1800m(芝)別定 3歳オープン

 

<ポイント>

・過去10年の3着以内馬30頭中22頭は、“4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われた、出走頭数が9頭以上、かつ芝1600m以上のオープンクラスのレース”で3着以内

・上記経験がなかった馬のうち、JRAのレースで連対率が「100%未満」だった馬は3着内率3.0%と苦戦

・1~9番 9-10-8-63

・10~16番 1-0-2-30

・過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、前走の単勝人気が「6番人気以内」。

・一方、「7番人気以下」だった馬は3着内率が5.9%で、2011年以降は3着以内がない。

・過去8年の3着以内馬24頭中21頭は、前走の着順が「3着以内」だった。一方、「4着以下」だった馬は3着内率7.5%と苦戦

・過去8年の優勝馬8頭は、いずれも馬番が「1~8番」、かつ前走の単勝人気が「4番人気以内」、かつ前走の着順が「3着以内」

・キャリア3~4戦が連対率23.0%

・前走が「OP特別~重賞」かつ前走人気が4番人気以内は[6-4-3-10]で勝率26.1%、連対率43.5% スワーヴリチャードとタイセイスターリーの2頭

・7番人気以下は[0-0-3-60]と連対例なし

・馬体重500キロ以上馬に注目。人気であれば信頼度は非常に高い。

 

<印>

◎ ムーヴザワールド

◯ エアウィンザー

▲ スワーヴリチャード

△ タイセイスターリー

消 エトルディーニュ 

消 ビルズトレジャー 東京の新馬戦と500万下でどちらも上がり最速を計上

消 アサギリジョー 東京の未勝利戦で、後にホープフルS2着→京成杯3着の実力馬マイネルスフェーンを抑えて勝利。近2走は中山で伸び負け

 

<買い目>

◎頭の3連単流し

 

<結果>

 

 

<収支>

 

 

<感想>

 

クイーンカップ(GIII)

東京競馬場 1600m(芝)別定 (牝) 3歳オープン

<ポイント>

単勝1倍台が勝率50.0%、「2.0~4.9倍」が連対率57.1%、3着内率85.7%

・3枠から4頭、5枠から3頭の優勝馬。3枠の4勝は全て6番、5枠の3勝は全て9番

・その間の4枠は全て4着以下

中山競馬場以外の「オープン特別」・「500万下特別」や、「平場の500万下」・「新馬」・「未勝利」から臨んだ馬は苦戦

・「4走前までに、単勝7番人気以下で連対していた」という馬が2007年と2012年を除いた年で連対。つまり、下位人気で好走した経験をフロックとみなすのは危険

・サンデー×サドラー。オペラハウス◎。ディープよりダイワメジャー

単勝50倍以上 0-1-0-62

・芝1800以上で勝利は複勝率46%。スピードよりもスタミナ。マイルなら上がり最速で勝利経験。

・牡馬混合の500万、OP勝利実績◎。

ルメールと戸崎が得意コース

 

<印>

◎ フローレスマジック ディープ×Storm Cat 全姉ラキシス全兄サトノアラジン 6番 本質的には晩成配合。鞍上戸崎

◯ アドマイヤミヤビ ハーツクライ×クロフネ 百日草特別(牡馬混合2000m)2着上がり2位&未勝利戦マイル上がり最速で勝利。鞍上ルメール。8枠が1-1-0-18。。今東京は母父フレンチがきまくり。

△1 アエロリット クロフネ×ネオユニ 

△2  モリトシラユリ クロフネ×サンデー。前走フェアリーS3着

△3 レーヌミノル 4枠

☆ セイウンキラビヤカ リーチザクラウン×フサイチコンコルド

消 ハナレイムーン ディープ×キンカメ。1戦1勝馬で鞍上石橋。。全兄キロハナ

 

<買い目>

 

 

<結果>

 

 

<収支>

 

 

<感想>

 

2017/02/04~2017/02/05 収支

8,180円の負け!

トータルでは13,700円の負け。

 

<重賞結果>

きさらぎ賞(GIII) 負け
東京新聞杯(GIII) 負け

f:id:mojoca:20170211065330p:plain

▲あんましやりたいレースがなかったから全部はつかわんかった

f:id:mojoca:20170211065957p:plain

f:id:mojoca:20170211070037p:plain

f:id:mojoca:20170211070114p:plain

f:id:mojoca:20170211070138p:plain

▲戸崎があがってきた。外人はダメ。

f:id:mojoca:20170211070242p:plain

きさらぎ賞(GIII)

京都競馬場 1800m(芝・外) 別定 3歳オープン

 

<ポイント>

・500万下・オープン特別での「1番人気」「2番人気」経験馬が強い

・前走「2000m以上」組が好走率で断トツ

・連対率では「2000m以上」組に「1800m」組を加えた2組

・キャリア「3回」組が3着内率で57.9%。それに続くのが「2回」組で連対率30%

・キャリア1回は 0-0-0-8

・過去6年は優勝した6頭はいずれもデビュー戦を勝利

・過去5年でディープの1~3着独占が2回。

・人気薄はND系で1~4枠のタフな先行馬。

・人気馬は枠順関係なし。

・馬券は6番人気以内まで。

 

<印>

◎ サトノアーサー

◯ プラチナヴォイス 京都1800mはエンパイアメーカー

▲ ダンビュライト キャリア3回。ルーラーシップで距離延長。

△ エスピリトゥオーゾ こっちのダイワメジャーを狙う。

消 スズカメジャー キャリア1戦

 

<買い目>

 ◎ー〇▲の馬連

◎→〇▲→〇▲△の3連単

 

<結果>

f:id:mojoca:20170211064816p:plain

 

<収支>

 

 

<感想>